エッジコンピューティング型ドローンプラットフォーム「エッジドローン™」

エッジコンピューティング型ドローンプラットフォーム「エッジドローン™」

高度自律飛行制御・学習機能搭載ドローンプラットフォーム

エッジコンピューティング型ドローンプラットフォーム「エッジドローン™」

リベルダージ合同会社

「エッジドローン」は、フライトコントローラーに専用のAI機能を持つエッジコンピューティング型のIoT統合ソフトウェアプラットフォームを組み込んだソリューションです。

高度自律飛行制御・学習機能搭載ドローンプラットフォーム

ソリューション情報 Solution

概要

エッジコンピューティング搭載型ドローンプラットフォームであるエッジドローンは、フライトコントローラーに専用のAI機能を持つエッジコンピューティング型のIoT統合ソフトウェアプラットフォームを組み込んだ純国産ソリューションです。

搭載可能なドローンは3DR社のPixhawk2やParrot社のBebopのようにLinuxを搭載したオープンプラットフォーム(Dronecode 等)のフライトコントローラーであれば全て搭載可能で、DJI社のようなクローズドプラットフォームのフライトコントローラーにはオプションで別途機器を取り付けることで搭載が可能となります。

また、運行管理や管制管理、エッジコンピューティングのプロセス管理、業務プロセス管理を行うUTM(UxV Traffic Management)にはエッジコンピューティング型ドローン専用のUTMが必要となり、こちらもエッジドローンのプラットフォームにて提供しております。

特徴・メリット
【エッジコンピューティングによる高度な自動操縦】
• エッジコンピューティングにより、障害物を自動検知して避ける、用途に応じて写真を撮影し、必要なデータのみクラウドに送ることが可能。
• 実際に飛ばした際の座標情報を保存し、それに沿った形で飛行経路の作成が可能。

【セキュリティ対策】
• センサーやカメラで取得したデータを暗号化して保存し、クラウドにアップロードした上で削除を実施。
• 本対応により期待紛失時のリスクを最小限に抑えることが可能。

【柔軟なプラットフォーム】
• エッジドローンは、Linuxベースで動くフライトコントローラーに対応しているため、特定メーカーの機体に依存するということがありません。
• そのため、各用途に応じた機体を使用することができます。
導入事例

【空撮】
• 立ち入り困難場所での空撮(用途に応じた写真・動画データのみのクラウド送信)

【農業・漁業】
• 生育監視(生育状況に応じた肥料・農薬等の自動散布)
• いけす管理

【運送】
• 倉庫内のバーコード情報の自動読み取りおよびクラウド送信
• 物資の輸送

【建設・土木】
• 橋梁・ソーラーパネルなどの各種設備点検(パターン学習による異常検知)
• 測量および地図データ作成
• 高層建築物の細部監視点検
• 歴史的重要建築物の日常点検

【災害調査】
• 立ち入り困難な災害現場の調査
• 要救助者の捜索(要救助者の自動認識・連絡)

【警備】
• 自動操縦による施設内警備(座標情報をもとにした自動操縦)
• 不審者発見時の自動追尾および警備センターへのアラート

【その他】
• 機体盗難時のセキュリティ確保(センサー・カメラで取得したデータの暗号化およびデータ自動削除)

その他・PR

製品紹介ページ:http://www.liberdade.co.jp/it-consulting-services/edgedroneplatform/

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000033099.html

資料ダウンロード Document download

企業情報 Corporate

企業名 リベルダージ合同会社
業種 情報通信業
法人番号 8120003014069
所在地 〒901-1117
南風原町津嘉山423 September 2F
その他の拠点 大阪本社:大阪府大阪市淀川区西中島6-4-13 新堂新大阪ビル402
広島オフィス:広島県広島市南区西蟹屋3-6-18 ウエストカーニア1F
東京オフィス:東京都調布市多摩川5-13-3 サニーコート1F
代表者名 松原 晋啓
従業員数 ~10人未満

その他のITソリューション Other solutions

あなたにオススメのソリューション Recommended solutions