統合型地図システム

統合型地図システム

命と財産を守る地図システム

統合型地図システム

株式会社アイアム

統合型地図システムは「今どこにいて、どこに逃げればよいのか」がわかる地図として内閣官房にも認められた「新世代地図」をベースにしています。これまで自治体、企業の各部署で別々に利用されてきた複数の情報を、必要に応じて地図レイヤーに統合することができます。
行政や地域住民、民間でも様々な有効利用が可能で、特に防災や医療の分野でより多くの社会的課題を解決し、災害時の支援ネットワークを強固なものにします。人々の命や生活、笑顔と未来を守ることが、本地図システムのコンセプトです。

命と財産を守る地図システム

ソリューション情報 Solution

概要

従来のナビゲーションシステムでは、「緯度・経度」といった普段の生活では使い慣れない、日常空間では目に見えない位置情報が中心でした。また、ランドマークとなる建物は地図上では見つかっても、実際に見知らぬ土地を訪れて探し出すことは困難なことが多くあります。

東日本大震災以降、防災や観光、国民生活にわたって、あらかじめ決められた目的地までの経路がただ分かるだけのナビゲーションシステムでは十分とは言えなくなりました。防災や観光では単に目標への到達だけではなく、そこに至るための周辺情報や過程自体も非常に重要だからです。

例えば防災面では、現地で初めてその必要性や価値がわかるリスクとして津波の浸水予測、倒壊の危険がある建物、土砂災害危険箇所などが存在します。その情報がないと十分な安全対策はできず、生命の危機にもつながります。
また観光面では、観光客が見知らぬ土地を散策しながら予期せぬ観光スポットの発見や体験をすることがあります。人や地域との思いがけない出会いこそが観光の面白さです。しかし日本の市街地の地理や交通網の分かりにくさは、観光立国をはかる上で大きなマイナス要因となっています。

そのような課題に対処するために建物の番地特定が可能な住宅地図を活用するにしても、建物には住居者氏名が記載されているためその縮尺は鳥瞰性が悪く、課題の解決には結び付きませんでした。
弊社が開発する「統合型地図システム」は必要な複数の情報を統合することで、横断的な情報検索を可能にします。従来のナビシステムの課題を解決し、防災や観光、国民生活への支援のありかたを根本的に変えるシステムです。

特徴・メリット
番地を中心として地図を表現し、今いる場所や周辺がわかりやすい。
氏名など個人情報を地図上に直接記述することなく紐づけが可能。
海抜が色分けされ、今いる高度が直観的にわかりやすい。
縮尺が大幅に圧縮されることにより広い鳥瞰性を実現。
スマートフォンなど比較的小さなデバイスでも利用可能。
多層化されたレイヤー構造により異なる部門間でも連携が可能。
地図上の番地からデータベースへの逆引きができる。
CSVデータから簡単にマッピングできる。
導入事例

平成29年より、恩納村公式サイトにて「防災マップ」として導入・運用されています。
https://www.vill.onna.okinawa.jp/jmap/

その他・PR

■ 表彰・メディア掲載
平成29年 第46回沖縄県発明くふう展にて、知事賞(最優秀賞)を受賞しました。
また琉球新報、沖縄タイムスの両紙面でも「命を守る地図システム」として掲載実績があります。

資料ダウンロード Document download

企業情報 Corporate

企業名 株式会社アイアム
業種 情報通信業
法人番号 9360001002785
所在地 〒900-0002
那覇市曙1丁目20番20号
代表者名 仲嶺 朋広
従業員数 10人~50人

その他のITソリューション Other solutions

あなたにオススメのソリューション Recommended solutions